洗面化粧台・洗面所のリフォームを成功させるには、どういったポイントに注意をすればいいのでしょうか?

洗面所リフォームの工事に流れや工期や費用など

2018年07月05日 11時28分

洗面所リフォーム工事の流れ
 
業者によって違うのですが一般的には次のような流れになります。
・業者を選んで相談
・スタッフによる現地視察
・希望を考慮して見積もり提出
・正式契約(工事希望日を決定)
・工事開始(古い洗面設備の撤去)
・基礎工事(新しい洗面設備の導入)
・配管や電気工事(仕上げ工事)
・最終チェック(工事完了)
 
工期の目安
 
およそ1日から3日になりますが、全面リフォームの場合、3日程度は必要になります。
一部リフォームの場合は作業内容が簡単ですから1日で完了するケースが多いです。
工事している間は洗面所が使えません。事前に工期や恋路内容をしっかりと把握しておくようにしましょう。
 
洗面所リフォームをする場合の費用
 
内容によって異なるのですが、内容は次のようなものです。
・新しい洗面化粧台の設置費用
・床材やクロスなどの壁材の交換工事費用
・古い洗面化粧台の撤去費用
・電気や水道など配管工事・配線工事費用
 
リフォーム業者やリフォーム内容によって具体的な内訳は違いますが、どのような工事でどの程度のコストになるのか、
細かい部分まで見逃さずにしっかりと確認してください。
 
どのようなポイントをチェックしておけば費用が安くできるの?
 
1番目は「リフォーム工事費用がリーズナブルな業者に依頼すること」です。
それには、ひとつの業者に最初から絞るのではなくて、複数のリフォーム業者に声をかけて見積もりを依頼するといいでしょう。
相見積もりをしてもらって費用を比較すると失敗しません。
 
2番目は「お得で安い洗面台や設備を導入すること」です。
リフォーム業者の中にはメーカーと特別な契約を結びキャンペーンをしていることもあります。
高品質なのに安い設備が充実している会社を見つけましょう。
 
3番目は、「最小限のリフォーム内容に留めること」です。
費用が高くなるのは、あれもこれもと、欲張るからです。優先順位を決めて予算内で抑えるようにしましょう。
予算内に納得できるリフォームができるために事前にポイントを抑えておきましょう。
 
どのような業者を選ぶといいのでしょうか?
 
業者選びの成否によって希望通りの洗面所になるかどうかが決まります。
不正を働くような悪質業者/悪徳業者もいますから注意しましょう。注意しておきたいポイントをまとめておきましょう。
 
・スピーディーで丁寧な対応ができるかどうか
・リーズナブルなリフォーム費用かどうか
・見積もりや相談が無料なのかどうか
・アドバイスが適切かどうか
・依頼者の希望に沿ったリフォームを提案してくれるかどうか
・洗面台や洗面所のリフォーム実績や経験が豊富かどうか
 
 
★☆★ まとめ ★☆★
 
いかがでしたでしょうか?
洗面台を中心とした洗面所は日常生活で頻繁に利用する場所です。
生活するためには必要不可欠な場所と言えるでしょう。
毎日利用する場所で汚れやすいのでキレイにしておきたいですね。
使いにくくなってきたり、部品が劣化してきたらリフォームするタイミングでしょう。
どんな不満があるのかをリストアップすれば快適な洗面所のイメージができてくるでしょう。